お金はどんな親しい人にも貸してはいけない

友人にお金を貸したら失踪されました

MENU

お金はどんな親しい人にも貸してはいけない

私は、恥ずかしながら趣味がありません。酒もあまり強い方ではないので、飲み会にはほとんど参加しません。唯一の楽しみといえば、仕事帰りにパチンコ店に寄って、パチスロを擦ることです。ほぼ毎日のように立ち寄って、勝った負けたの暮らしを30年以上続けています。よくぞここまで続いているなとも思います。

 

というのは、パチスロはハイリスクなギャンブルで、負けるときはあっという間に2,3万円やられてしまうからです。私のスタイルは、深追いせず、設定の高そうな台を打って、それでもダメなら翌日につなげるスタイルで生き延びてきました。ですが、ほとんどの人はアツくなって、どんどんお金を注ぎ込んでしまいます。

 

毎日同じホールに通っていると、同じ同類の常連たちとだんだんと顔なじみになっていくものです。仕事もしないで朝からパチスロを擦っている人にろくな人はいませんが、それでも顔なじみになっていくと、知り合いになっていくものです。そういった方は、パチスロ以外素性の知れない人なので、私は一定の距離感を持って接することにしています。

 

しかし、中には馴れ馴れしく声を掛けてきて、まるで友人のような形で接してくる人もいます。私はたいていは無視するのですが、一人だけ、どうにも切り離せない人がいました。私が打っていると隣に座り、今日はあの台出ているとか、あの人はもう数万円突っ込んでいるとか話してきます。

 

私は相槌を交わす程度にしていましたが、ある日その人は、もうすぐ天井なんだが、お金を持ち合わせてないので、少し貸してくれと言ってきました。そのとき私はたくさん出ていたので、なんとなく断りづらく、2万円ほど貸してあげました。明日には必ず返すからといって、彼は戻って行きました。ところが、翌日以降、彼はホールに現れませんでした。

 

おかしいなと思いつつ、次の日に返してもらおうと待っていると、その日も来ませんでした。他の常連に聞いてみると、わからないとそっけない返事でした。そして10日ほど経つと彼が現れました。

 

声を掛けて、10日前に貸した2万円返してくれというと、彼は借りた覚えがないと言い出したのです。貸しただろうというと、何か証拠となるものがあるか、人を疑うなと言い始めました。やられたと思いました。やはり、朝からパチンコ店に巣食っている輩は、社会のゴミだと思いました。

 

それでも、貸しただろうと押し問答しましたが、借りていないの一点張りでした。悔しいし、あきれるしで怒り心頭になりました。でもここでこいつを殴ったりでもしたら、騒ぎになって私自身が逮捕されるかもしれません。

 

社会勉強として、不承不承納得するより他はありませんでした。パチンコ店に入り浸っている人間を信用してしまったことに本当に腹が立つとともに、貸してしまった自分が情けなくてなりません。

関連ページ

クレジットカードの利用
クレジットカードの利用は多くの人はやったことがあると思います。しかしクレジットカードをあてにして物を買いすぎると後で多額のお金を使ってしまったことに気づくことがあります。ここでは、クレジットカードの利用について書きたいと思います。
親子間のお金の貸し借り
親子間のお金の貸し借りは安心できるものがありますが、逆に信頼関係を損ねる結果になることもあります。いくら親子であるからといってもお金の貸し借りをする以上、誠意をもって返すことが大切です。
クレジットカードの落とし穴
クレジットカードの落とし穴をご存知でしょうか。ここではクレジットカードでお買い物をする場合の損する落とし穴についてまとめてみます。クレジットカードは後払いなのでつい利用しすぎる傾向にありますので注意しましょう。
消費者金融でお金を借りるメリット
消費者金融でお金を借りるメリットをご存知でしょうか。実は消費者金融を利用するメリットがあるのです。自分が実際に消費者金融でお金を借りた方法をご紹介します。
あともう少しだけお金を貸して
あともう少しだけお金を貸して欲しいと友人に相談したことがあります。本当にお金に困った時でどうしようもない状況でした。お金の貸し借りをする時は気持ち的にもつらいものですね。
彼女の謎めいた家庭環境
彼女の謎めいた家庭環境について書きたいと思います。彼女とお金の貸し借りをしたのですが、家庭環境に不安が生じたので調べることにしました。